クレジットカードが助けてくれた

お財布を開けたらゴールドカードがチラッと見える・・・。
クレジットカードなんてセレブなんでしょう。夢のような光景です。
私はよくクレジットカードを利用しているのですが、以前お金がかなりピンチの時があったんですよ。この時は、それまで勤めていた会社を辞めることになり次の仕事を探していたんですがこれが中々見つからなくて困っていたんです。やっぱりこういう時って、出費が気になりますよね。食費にはあまりお金をかけられず、体もかなり痩せてきていました。そんな時にスーパーの店中で「あ、カードで支払えば良いんだ」ということに気付いたんです。それまでは何故かインターネットでしか利用していなかったので、こういう店では使ったことがなかったんですよ。でもこの事に気付いた時は嬉しかったですし、ほっとしましたね。久しぶりに好きなものを食べることができますから。そして当時の自分にとっては結構ご馳走と言える量の食材を購入することができました。この時は本当に心からカードに感謝しました。その後は一週間に何日かはスーパーに行ってはカードで支払うようになりましたね。おかげで体調も元に戻ることができましたし、次の仕事も見つけることができました。クレジットカードは使い方を気を付けないといけないですがここをしっかりと守っていれば、本当にピンチの時には心強い味方になってくれると思います。これからもあの時クレジットカードが助けてくれた事にも感謝しながら、時々利用していきたいと思いますね。

学生などにも便利なカードです

様々な会社がクレジットカードを作り、ポイントやマイルを貯めて還元するようになると、クレジットカードを持つ年代も広がってきました。今までは経済的に余裕がある富裕層が持っていることが多かったのですが、今では学生から高齢者まで、様々な年代がクレジットカードを利用しています。そのように消費者が多様化してくると、カードに対する需要も変わっってきます。今までは家庭の中で働くお父さんだけが持っていたクレジットカードも、専業主婦であったお母さん、学生の娘も持つようになり、女性らしい華やかなデザインの需要が増えました。クレカ 学生 おすすめがそれに答えたのがクレジットカードのデザインカードではないでしょうか。思わず見せたくなるカードをキャッチコピーに、様々なクレジットカード会社が発行するカードは可愛らしいデザインを展開しています。
数多くのクレジットカードの会社が発行しているカードには様々な仕組みでポイントがたまるようになっています。今や、どのクレジットカードを使用してもポイントが換算され、たまったポイントに応じて還元される仕組みになっています。中でもオリコカードはポイントの還元率が業界で1番いいと言われており、キャンペーンも1年を通して様々なものが行われています。ポイントが通常の2倍から20倍たまる方法もあり、ポイントと交換できる商品も多種多様です。またポイントは利用金額に応じて翌年にアップし、ポイントに有効期限があるために消費者にも使いやすく、還元されるタイミングを逃すことがありません。ポイントの交換もクレジットカードはインターネット、電話を利用すれば簡単に素早く対応してくれるので、学生などにも便利なカードです。

カードの有効期限

「クレジットカードの有効期限が過ぎてしまったらどうするの・・・?」初めて、クレジットカードを持たれた方は、このような心配をしてしまうことでしょう。もちろん、クレジットカードの有効期限が過ぎてしまえば、そのクレジットカードは使用できなくなってしまいます。
いつも使えるようなクレジットカードを作っておくと本当に便利です。今ならネットですぐに作れるクレジットカードもあります。
でも、ご安心ください。ちゃんと、クレジットカードの有効期限が切れてしまう前に、新しいクレジットカードが届きます!新しいクレジットカードが届く時期は、古いクレジットカードの有効期限が切れる、2ヶ月~1ヶ月前です。しかし、新しいクレジットカードが届かない場合もあります。

その原因は、信用を無くしてしまうようなクレジットカードの使い方をされている場合です。信用を無くしてしまうようなクレジットカードの使い方とは、例えば、引き落としの際に、十分にお金が預金されていないことで、引き落としができなかった・・・といった延滞をしてしまうことです。

預金しておくのを忘れた・・・という悪意がない場合でも、こういったことを繰り返せば、信用されなくなり、新しいクレジットカードは届かなくなってしまうのです。また、こういった遅滞の情報はその後も信用情報センターという機関にデータとして残ってしまうので、将来的に何かしらのローンを組む際にも悪い影響として出てきてしまうのです。

そんなことにならないためにも、信用を失うようなクレジットカードの使い方は絶対にしないようにしましょう!引き落とし分のお金を預け入れるのを忘れそう・・・という心配があるなら、あらかじめ、まとまった預金をしておくことをおすすめします。